第39回 誰でも初めはある。失敗を恐れず,成功への近道と信じて
𠮷田 俊秀(医療法人威徳 壬生大路病院院長)

本連載では2012年1月から2014年4月にかけて医学書院の電子ジャーナルサイト「MedicalFinder」に掲載されたエッセイ『内科医の道』を復刻掲載します。さまざま困難を乗り越えて道を切り拓いてきた先達たちが贈る熱いメッセージは,時を経てもその価値は変わりません。内科医人生の道しるべとなる珠玉のエッセイを堪能ください(注:断り書きがない場合,執筆内容,所属などは初出時のものです

𠮷田 俊秀(執筆時:京都市立病院糖尿病代謝内科) 
初出日:2012/08/17

 

私は肥満症と糖尿病の治療を専門にしています。多くの医師は「肥満治療は難しい。一度減量させることができてもすぐ元に戻ってしまう」「痩せ薬がないから減量は無理」などと言われます。しかし,私は,5%減量できれば成功という判定基準にて,最近5年間で成功率93%という減量成績を上げています。何が他の先生方と違うのか。考えてみると,やはり,肥満患者に対する,痩せさせようとする熱意がより強いことが大きな要因になっているのではないかと思います。

 

続きを読むには
無料の会員登録 が必要です。

こちらの記事の内容はお役に立ちましたか?